ボスニア・ヘルツェゴビナの格安航空券|ボスニア・ヘルツェゴビナ海外格安航空券や海外ツアーなど海外旅行なら何でもW.A.S.ワールドエアシステムにご相談ください。

W.A.S. ワールド エア システム
ボスニア・ヘルツェゴビナイメージ

ボスニア・ヘルツェゴビナの基本情報

ボスニア・ヘルツェゴビナ(Bosnia and Herzegovina) 東ヨーロッパ、バルカン半島の北西に位置する共和国。クロアチア、セルビア、モンテネグロと国境を接する。ユーゴスラヴィアからの独立後、大多数のボシュニャク人、クロアチア人に対して少数派のセルビア人が分離独立を唱えて戦った内戦・ボスニア紛争は1992~1995年まで続いた。

正式名称 ボスニア・ヘルツェゴビナ(Bosnia and Herzegovina) 首都 サラエボ
人口 438万人(1991年調査) 民族 ボシュニアク(ムスリム)系44%、セルビア系33%、クロアチア系17%
面積 5,1万平方キロメートル 気候 西から東に向かうにつれて、地中海性気候、温暖湿潤気候、西岸海洋性気候へと変化する。山岳地帯が多いため内陸性気候の特徴も併せもつ地域が多い。夏は平均20度前後だが、冬は平均0度前後。マイナス20度まで冷え込むこともある。
通貨 コンベルティビルナ・マルカ(兌換マルク) 言語 ボスニア語、セルビア語、クロアチア語
日本からの
行き方
日本からの直行便はない。ミラノ、ウィーン、フランクフルト経由などが一般的な行き方。主な空港は首都サラエボ。

ボスニア・ヘルツェゴビナオススメ旅行タイプ

首都サラエボでは、半径約150メートルという狭い範囲内に、ガジ・フースレフ・ベイ・モスク、新セルビア正教会、カトリック大聖堂とが立ち並び、他民族・他宗教国家をうかがわせる。サラエボ事件で有名なラテン橋、トンネル博物館、サラエボ冬季五輪施設と内戦の犠牲者の墓地、オスマントルコ時代の中近東の雰囲気とオーストリア帝国時代の中世ヨーロッパの街並みが共存する旧市街も見もの。郊外にあるイリジャでは、温泉が楽しめる。他に、山間の渓谷にある町モスタルでは、2004年に修復されたモスタルのシンボルで世界遺産に登録されているスタリ・モスト(石橋)や、350年前のトルコ時代の家やモスクなどが見られる。

ボスニア・ヘルツェゴビナ各都市へのリンク

サラエボ

ヨーロッパのその他の国々

アイスランド共和国 | アイルランド共和国 | アゼルバイジャン共和国 | アルジェリア | アルバニア共和国 | アルメニア共和国 | イギリス | イタリア共和国 | ウクライナ | エストニア共和国 | オーストリア共和国 | オランダ王国 | キプロス共和国 | ギリシャ共和国 | グルジア | クロアチア共和国 | ジブラルタル(英領) | スイス連邦 | スウェーデン王国 | スペイン王国 | スロバキア共和国 | スロベニア共和国 | セルビア共和国 | チェコ共和国 | チュニジア共和国 | デンマーク王国 | ドイツ連邦共和国 | トルコ共和国 | ノルウェー王国 | ハンガリー共和国 | フィンランド共和国 | フランス共和国 | ブルガリア共和国 | ベラルーシ共和国 | ベルギー王国 | ポーランド共和国 | ボスニア・ヘルツェゴビナ | ポルトガル共和国 | マケドニア | マルタ共和国 | モルドバ共和国 | モロッコ王国 | モンテネグロ | ラトビア共和国 | リトアニア共和国 | ルーマニア | ルクセンブルグ大公国 | ロシア連邦


JATAサイト IATAサイト エアプラス株式会社